蓄熱式脱毛とレーザー脱毛

蓄熱式脱毛とレーザー脱毛

脱毛の方法は様々ありますが、【レーザー脱毛】と【蓄熱式脱毛】という脱毛方法があります。

 

レーザー脱毛は、黒い毛根部分に反応してレーザーを照射するという方法です。輪ゴムで弾く程度の痛みを伴います。しかし、痛みには個人差があります。

 

レーザーを照射した幹部は熱を帯びるので、患部を冷風で冷やしていきます。または施術後にアイスノンなどで患部を冷やす場合もあります。

 

気を付けなければならないのは、レーザーが黒い部分に反応するということです。日焼けをした肌だと、毛根に正確に照射することが出来ません。

 

蓄熱式脱毛は、皮膚の下全体を熱で温め、毛根を破壊していくというものです。

 

今までのレーザー脱毛は黒い毛根に反応するため、日焼けした肌では施術出来ませんでした。しかし、蓄熱式脱毛では皮膚の下を温めるので、そうした制限はなくなりました。

 

レーザー脱毛のときと同様に痛みを感じる方が多いです。レーザーが針を刺すような痛みに対し、蓄熱式脱毛では火傷に近い痛みを感じます。

 

施術後にはどちらの方法でも保湿するためのローションやクリームを塗ります。肌が乾燥しやすくなっているからです。施術の当日は湯船に入ることは出来ません。