昔はどのような方法で脱毛を行っていたか

昔はどのような方法で脱毛を行っていたか

日本における脱毛の歴史は、実は意外と長いです。古くは、平安時代からそれが行われていました。

 

平安時代においては、かなり原始的な方法だったのです。いわゆる毛抜きと呼ばれる方法で、体に生えている体毛を引っこ抜くやり方になります。しかし、さすがに現代では毛抜きを行っている方々は非常に少ないです。

 

そして江戸時代になりますと、脱毛は比較的進歩します。当時の方々は、選考を用いて脱毛を行っていたのです。線香の先端は、当然かなり温度が高くなっているでしょう。その高温部分を体毛に当てて、脱毛を行うという方法になります。

 

しかし年数が経過すれば、やはり方式も色々と変わってくるものです。現在ではアメリカのやり方が採用されていて、レーザー方式やフラッシュの光などで脱毛を行うケースがほとんどです。もしくはT字のカミソリになります。

 

ただし現在でも、上記のような線香脱毛を行っている方が稀に見られます。いわゆる自己処理の方法の1つとして、昔ながらの方法で脱毛を行う方も、たまにいらっしゃる訳です。ただし人数は非常に少ないです。

 

このように時代が変化すれば、脱毛の方法もだんだんと変化していきます。ですので今後の科学の進歩に伴って、さらに方法が変化していく可能性はあります。